岡山起業研究所は、岡山で起業・会社設立をする方の為の情報サイトです。中井行政書士事務所は、
岡山で唯一の起業専門行政書士として、岡山の起業家の会社設立や初期経営の支援をしています。


岡山起業研究所 −実践!会社設立−  SINCE2002
中井行政書士事務所 岡山市北区富田508番地6(日赤病院から西へ500m) TEL 086-803-3790

TOP  起業研のご案内  起業研の約束  起業研の会社設立パック  会社設立後のサポート  お客様の声  ご相談




ご相談はこちら


起業・会社設立相談は、
こちらからお申込下さい。

メール(←ここをクリック)
TEL 086−803−3790

※面会での相談をご希望の
場合も、まずは電話かメールで
お申込み下さい。

メール起業相談は無料です。

※メールでのご相談の場合は、
住所氏名の記載をお願いします

詳しくはこちらもご覧下さい



 ‐起業家応援プロジェクト‐
     岡山起業研究所 代表



小さな会社の起業アドバイザー
       行政書士 中井 篤

 岡山県行政書士会所属
     登録 第02333851号
 岡山県中小企業支援センター
            登録専門家
 岡山県商工会連合会
 エキスパートバンク登録専門家

 -岡山起業研究所-
   中井行政書士事務所

 〒700−0936
 岡山市北区富田508番地6
 (日赤病院から西へ500m)
 TEL 086−803−3790
 FAX 086−803−3791
 携帯 090−8652−1719
e-mail (←こちらをクリック)

         事務所周辺地図



CONTENTS

起業研のご案内

起業研の約束

会社設立安心保証

起業研の会社設立パック

会社設立後のサポート

お客様の声

個人情報の取扱い

気になるリンク



副業の場合

 −副業を始めるためのポイント−

 会社にお勤めの方が、起業したいと思った時にまず考える事が、独立する
か副業で始めるかという事だと思います。

 独立するとなった場合は、勤めている会社を辞めて自分で会社を立ち上げ
るという流れですので動きとしてはわかりやすいのですが、まずは副業という
形でじっくりやっていきたいと思う場合には、いくつか考えなければならない事
があります。

 副業として会社を立ち上げると、ふたつの仕事をしなければならない事にな
ります。副業をはじめた事によって、本業のお勤めに支障をきたすようでは共
倒れになりかねませんので、副業とする事業が「本業の勤務時間外+休日」と
いう限られた時間の中でやっていく事が出来る業種・職種であるかをまず検討
しなければなりません。

 それから、販売方法や仕入れ方法をどうするかという事も副業では重要なポ
イントです。例えば、問い合わせや注文方法が全て電話である場合は、自宅
の固定電話にしていると日中のほとんどの時間は留守電になってしまうので
売りにくいという問題がありますし、携帯電話にすると本業のお勤め中に副業
のほうの電話がガンガン鳴ってしまうという事も考えられます。こうなると周り
にも悪影響を与えます。

 という事で、最近では副業を持っているかたの多くは、インターネットを利用
して物やサービスを販売しています。インターネットを利用する事で、お勤めを
しながらでも24時間営業が可能になり、また人件費がかかりませんので立ち
上げが容易になるからです。

 また一般的な会社にお勤めの場合、副業に充てられる時間は夜と土日祝日
等の休日ということになりますが、この時間帯では外回りの営業もしにくいです
し、取引したい会社があってもその時間は普通の会社は営業時間外ですから
動きがとりにくい訳です。ですからインターネットでなくてもいいのですが、自分
が勤めている間にも勝手に営業してくれるような仕組みがあるとやりやすくな
ります。

 そして、会社員の方が副業を立ち上げる上で最も気になっているのは、お勤
めの会社の就業規則の問題だと思います。
 最近では兼業を認める企業も多くなってきていますが、それでもほとんどの
企業はまだ兼業を禁止していますので、まずはお勤めの会社の就業規則を
確認する必要があります。

 兼業禁止規定があった場合ですが、黙って副業するという人もいますが、こ
の場合は、会社にばれるとそれなりに不都合が生じる事がありますので、決し
てお勧めはしませんし、そういうリスクについてはよく理解をしておかなければ
なりません。

 実際には、会社に許可をもらうか、ご家族などに協力してもらうかということ
になると思います。

 会社に許可をもらうという方法については、必ずしも許可されるとは限りませ
んが、一般的に兼業が禁止されているのは、「副業を行う事により様々な部分
で本業に支障をきたす」「競業(本業と同じ業種)を行う事で、会社に迷惑をか
ける」等のおそれがあると会社が考えているからですので、そういった部分で
会社に迷惑をかけないという事が明らかであれば、許可される場合もあり得る
だろうと考えられます。

 また、家族などに協力してもらうという方法については、単に名前だけを借り
て自分が業務をするということでは実質兼業になってしまいますので、実際の
業務は任せて、自分はアイデアを出したり、方法を考えるという形で関わるな
どのやり方を考える必要があります。



起業相談はこちらから

起業・会社設立相談のお申込みは、随時承っています。
メールかお電話でお申込み下さい。

メール(←ここをクリック)
TEL 086−803−3790

※面会での起業相談をご希望の場合も、
まずは電話かメールでお申込み下さい。


面会起業相談

1回(1時間程度) 3000円

※面会相談は土曜日も行っています。

※ご相談後にご依頼を頂いた場合は、
相談料は依頼料の一部に充てられます。


メール起業相談

メール起業相談は無料です。
(365日24時間受付)

メール起業相談

住所氏名の記載をお願いします。

※住所氏名の記載がないメールには、
お答えできない場合があります。




戻る
戻る