岡山起業研究所は、岡山で起業・会社設立をする方の為の情報サイトです。中井行政書士事務所は、
岡山で唯一の起業専門行政書士として、岡山の起業家の会社設立や初期経営の支援をしています。


岡山起業研究所 −実践!会社設立−  SINCE2002
中井行政書士事務所 岡山市北区富田508番地6(日赤病院から西へ500m) TEL 086-803-3790

TOP  起業研のご案内  起業研の約束  起業研の会社設立パック  会社設立後のサポート  お客様の声  ご相談




ご相談はこちら


起業・会社設立相談は、
こちらからお申込下さい。

メール(←ここをクリック)
TEL 086−803−3790

※面会での相談をご希望の
場合も、まずは電話かメールで
お申込み下さい。

メール起業相談は無料です。

※メールでのご相談の場合は、
住所氏名の記載をお願いします

詳しくはこちらもご覧下さい



 ‐起業家応援プロジェクト‐
     岡山起業研究所 代表



小さな会社の起業アドバイザー
       行政書士 中井 篤

 岡山県行政書士会所属
     登録 第02333851号
 岡山県中小企業支援センター
            登録専門家
 岡山県商工会連合会
 エキスパートバンク登録専門家

 -岡山起業研究所-
   中井行政書士事務所

 〒700−0936
 岡山市北区富田508番地6
 (日赤病院から西へ500m)
 TEL 086−803−3790
 FAX 086−803−3791
 携帯 090−8652−1719
e-mail (←こちらをクリック)

         事務所周辺地図



CONTENTS

起業研のご案内

起業研の約束

会社設立安心保証

起業研の会社設立パック

会社設立後のサポート

お客様の声

個人情報の取扱い

気になるリンク


契約書のポイント

 −なぜ契約書を作るのか−

 売買や貸借などの取引を行う時に必ず発生するのが契約です。特にビジネ
スにおいては、商品の販売、サービスの提供、業務の請負といった商売の部
分だけでなく、従業員の雇用、事務所の賃借、業務の外注や委託など、ビジ
ネス上の行為はすべて契約であるとも言えます。

 契約は口約束でも成立しますが、口約束では後からその契約の存在を証明
したり、契約の内容を確認することが困難な場合があります。契約を結んだ両
者の記憶や理解が食い違っている場合もあるからです。

 そこで、事業上の契約はもちろん、個人間の契約についても、きちんと書面
にして取り決めた内容をはっきりさせておくことが重要となります。また、契約
書を締結するという手続きを踏むことを通して、当事者同士の契約内容につ
いての理解が深まります。


 −作成のポイント−

 契約書の作成については、詳しく述べると実際キリがないほどに奥深いもの
なのですが、ここでは作成する上で欠くことの出来ない大切な要素を挙げてお
きます。

@前文
 契約の目的や当事者の表示など契約の概略を書きます。これは絶対に書
かなければならないというわけではありません。

A表題
 書き方に絶対の決まりはありません。しかし契約内容がはっきりするように
単に「契約書」とするのではなく、「不動産売買契約書」「金銭消費貸借契約」
などわかりやすいものにするのが良いでしょう。また、「念書」「覚書」などとし
た場合も契約書であることに変わりはありません。

B当事者の表示
 当事者は、個人であれば住所と氏名、法人であれば本店所在地の住所と法
人名で表します。

C目的条項
 契約の趣旨、目的、目的となるものの内容(土地であれば、所在・地番・地
目・地積といった内容)を記載します。この条項が第一条になる事が多いで
す。
 その後に契約の詳細な内容を条項ごとに箇条書きに書いていきます。

D作成年月日
 契約が成立した日を証明するために大切な部分です。契約の有効期限を確
定するなどのためにも重要です。

E契約当事者の署名押印
 Bの当事者の表示と同じように、個人なら住所氏名、法人なら本店所在地
の住所と法人名を記載します。印鑑は通常は何でもかまいませんが、大事な
契約なら実印を使用したほうがいいでしょう。

F目録
 契約の対象物を記載します。Cの目的条項の中に含めてもかまいませんが
対象物の数が多い時などは別紙として目録を作り表示します。対象物の特定
は、不動産であれば登記簿に記載された物件の表示を、動産であれば商品
名や製造番号などを記載します。

G収入印紙の貼付
 印紙の有無と契約書の効力には関係ありません。印紙がなくても契約は有
効ですが、印紙税法に違反します。また、契約書を複数作成する場合はそれ
ぞれに印紙を貼ります。貼りつけた印紙には契約書に使用した印鑑で消印を
します。

H後文
 契約が成立した旨や何通作成したかなどを記載します。

 ここに示したのは一般的に広く普及している書式です。原則としては契約書
の書式は自由ですから、どのように書いてもかまいません。
 しかし、後にトラブルとなり裁判で証拠として提出するような可能性がある場
合はきちんとした構成にしておいたほうが安全です。  



ご相談はこちらから

ご相談のお申込みは、随時承っています。
メールかお電話でお申込み下さい。

メール(←ここをクリック)
TEL 086−803−3790

※面会での相談をご希望の場合も、
まずは電話かメールでお申込み下さい。


面会相談

1回(1時間程度) 3000円

※面会相談は土曜日も行っています。

※ご相談後にご依頼を頂いた場合は、
相談料は依頼料の一部に充てられます。


メール相談

メール起業相談は無料です。
(365日24時間受付)

メール起業相談

住所氏名の記載をお願いします。

※住所氏名の記載がないメールには、
お答えできない場合があります。


契約書作成依頼

まずはお電話かメールでお申込み下さい。

※メールでのお申込みの場合は、
住所・氏名・電話番号を記載して下さい。




戻る
戻る