岡山起業研究所は、岡山で起業・会社設立をする方の為の情報サイトです。中井行政書士事務所は、
岡山で唯一の起業専門行政書士として、岡山の起業家の会社設立や初期経営の支援をしています。


岡山起業研究所 −NPO法人設立編−  SINCE2002
中井行政書士事務所 岡山市北区富田508番地6(日赤病院から西へ500m) TEL 086-803-3790

TOP   起業研のご案内   起業研の約束   料金表   お客様の声   ご相談はこちらから

NPO法人設立後のポイント   NPO法改正と認定NPO法人のポイント




ご相談はこちら


起業・会社設立相談は、
こちらからお申込下さい。

メール(←ここをクリック)
TEL 086−803−3790

※面会での相談をご希望の
場合も、まずは電話かメールで
お申込み下さい。

メール起業相談は無料です。

※メールでのご相談の場合は、
住所氏名の記載をお願いします

詳しくはこちらもご覧下さい



 ‐起業家応援プロジェクト‐
     岡山起業研究所 代表



小さな会社の起業アドバイザー
       行政書士 中井 篤

 岡山県行政書士会所属
     登録 第02333851号
 岡山県中小企業支援センター
            登録専門家
 岡山県商工会連合会
 エキスパートバンク登録専門家

 -岡山起業研究所-
   中井行政書士事務所

 〒700−0936
 岡山市北区富田508番地6
 (日赤病院から西へ500m)
 TEL 086−803−3790
 FAX 086−803−3791
 携帯 090−8652−1719
e-mail (←こちらをクリック)

         事務所周辺地図



CONTENTS

起業研のご案内

起業研の約束

会社設立安心保証

起業研の会社設立パック

会社設立後のサポート

お客様の声

個人情報の取扱い

気になるリンク


NPO法人設立のポイント

 NPOとは、Nonprofit Organizationの略で、非営利団体のことをいいます。ボ
ランティアグループや社会貢献活動などを行う団体がこれにあたります。
 NPO法人というのは、この非営利団体が法人となったもので、特定非営利
活動法人といいます。(以下、特定非営利活動法人をNPO法人といいます)

−NPO法人になるためには−

 NPO法人になるためには次の8つの条件があります。これらを全て満たして
いなければなりません。

1.特定非営利活動を行うことを主たる目的とすること

 ※特定非営利活動促進法の改正(平成24年4月1日施行)により、活動分
  野が3つ(下記の4・5・20)追加されました。

 ・特定非営利活動とは次のとおりです

 @ 次に該当する活動であること
   1 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
   2 社会教育の推進を図る活動
   3 まちづくりの推進を図る活動
   4 観光の振興を図る活動
   5 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
   6 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
   7 環境の保全を図る活動
   8 災害救済活動
   9 地域安全活動
  10 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
  11 国際協力の活動
  12 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  13 子どもの健全育成を図る活動
  14 情報化社会の発展を図る活動
  15 科学技術の振興を図る活動
  16 経済活動の活性化を図る活動
  17 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  18 消費者の保護を図る活動
  19 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言
     又は援助の活動
  20 前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の
     条例で定める活動
 A不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とするもので
   あること

2.営利を目的としないものであること

 非営利法人ですので、法人の活動で利益が出た場合でも、その利益を社員
に分配(配当)することはできません。(分配することができないということです
ので、利益を出すことは問題ありません)
 尚、社員というのは団体の構成員(社員総会で議決権を持つ人)のことで、
いわゆる従業員のことではありません。

3.社員の資格の得喪に関して、不当な条件を付さないこと

 社員として参加するための条件、社員が脱退するための条件に不当なもの
がある場合は、NPO法人となることができません。

4.役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の3分の1以下である
  こと

 役員とは、理事(3名以上)と監事(1名以上)のことをいいます。
 尚、この場合の報酬というのは、労働の対価としての給料ということではな
く、例えば業績が良かったことへのご褒美のような労働の対価とは違う部分で
の報酬のことですので、役員であっても働いた分に対しての給料をもらうこと
は可能です。

5.宗教活動や政治活動を主たる目的とするものでないこと

6.特定の公職者又は政党を推薦、支持、反対することを目的とするも 
  のでないこと

7.暴力団でないこと、暴力団又は暴力団の構成員等の統括の下にある
  団体でないこと

8.10人以上の社員を有するものであること

 この場合の社員も団体の構成員(社員総会で議決権を持つ人)のことで、い
わゆる従業員のことではありません。


−法人化のメリット−

 法人となる事で、法人名で銀行口座を開いたり、事務所を借りるなどの契約
をすることができるようになります。不動産の登記も法人名でできますので、
法人として資産を持つことが可能です。そのため、任意団体のように代表者
交代の度に各種資産の名義変更をする必要がないので、代表者の交代もし
やすくなります。
 また、NPO法人は収益事業(特定非営利活動事業以外の事業)に対しての
み課税されますので、特定非営利活動事業だけを行う場合は課税されませ
ん。
 そして、団体の信頼性が高まるというということも大きなメリットです。


−NPO法人の設立−

 NPO法人を設立するためには、設立の認証の申請を県(2つ以上の都道府
県に事務所を設置する場合は内閣総理大臣)(岡山市内にだけ事務所をおく
場合は岡山市)に行い、認証を受けることが必要です。そして、認証を受けた
後に設立の登記を行うことで、法人となります。
 県は申請書を受理してから4ヶ月以内に認証・不認証の決定を行います。従
って、NPO法人の設立には、通常4ヶ月以上の時間が必要ということになりま
す。

 ・認証申請の必要書類

  設立認証申請書
  定款
  役員名簿
  就任承諾書及び誓約書
  役員の住所又は居所を証する書面
  社員のうち10人以上の者の名簿
  確認書
  設立趣意書
  設立についての意思を決定する議事録
  設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書
  設立当初の事業年度及び翌事業年度の収支予算書


 ※ 役員

 役員は、理事3人以上、監事1人以上が必要です。
 役員の中で報酬を受けることができる人は、役員総数の3分の1以下の人
数です。(役員が4人の場合は1人だけということになります)
 また、役員については親族についての制限があり、役員総数が5人以下の
場合は、それぞれの役員の配偶者や3親等以内の親族が役員に入ってはい
けません。役員総数が6人以上の場合は、それぞれの役員の配偶者や3親
等以内の親族が1人は役員に入っても構いません。

 ※ 収益事業

 NPO法人は、特定非営利活動に関する事業に支障がない限りは、その他
の事業(収益事業)を行うことが出来ます。その他の事業で収益を得た場合
は、その収益は特定非営利活動のために使用しなければなりません。


 NPO法人設立後のポイントについてはこちらをご覧ください。




起業相談はこちらから

起業・法人設立相談のお申込みは、随時承っています。
メールかお電話でお申込み下さい。

メール(←ここをクリック)
TEL 086−803−3790

※面会での起業相談をご希望の場合も、
まずは電話かメールでお申込み下さい。


面会起業相談

1回(1時間程度) 3000円

※面会相談は土曜日も行っています。

※ご相談後にご依頼を頂いた場合は、
相談料は依頼料の一部に充てられます。


メール起業相談

メール起業相談は無料です。
(365日24時間受付)

メール起業相談

住所氏名の記載をお願いします。

※住所氏名の記載がないメールには、
お答えできない場合があります。


NPO法人設立依頼

料金表

お電話かメールでお申込み下さい。

※メールでのお申込みの場合は、
住所・氏名・電話番号を記載して下さい。


NPO法人設立のポイント -岡山起業研究所/中井行政書士事務所-

戻る
戻る